霧の中

 

義実家に同居する為この地に引っ越してきてから、三年が経ってしまった。

私はその間働きに出ることもなく、毎日家に居た。

 

三年前、引っ越して早々、腰痛で動けなくなり、家の中を這って移動していた。

秋はいのっちの性適合手術の為、タイへ行き、帰ってきてからも何かと世話を焼いた。

冬には再び酷く腰を痛め、二週間布団から起き上がることが出来なかった。この時、もう一生腰を痛めない様に自分で気をつけて生活することを決めた。

 

次の年。

四月に大好きだった祖父が死んだ。

祖父は私の全てを許してくれる様な存在だった。

生まれた時から老人のたくさん居る家で育ったので、家族が亡くなるのは四度目の経験だった。

年齢が年齢なので、いつだって「その覚悟」をしていたつもりだったけど、大好きなおじいちゃんだったからか、喪失感が大きく、暫くの間は朝も夜も泣いてた。

その秋、義祖母が転んで頭から大量の血を流す怪我をした。

あまりの出血に正直、もうダメだと思ったけれど、数針縫うだけで済んだ。

筋力アップのため、毎日一緒に散歩をした。

 

去年。 

義祖母の血糖値の数値が芳しくなく、白米から蒟蒻入り発酵玄米に変えた。

夏前、義祖母が白内障の手術をしたころから、更にふらついて転ぶ様になり、目が離せなくなった。

同じ頃お義父さんが退職して家で過ごす様になった。

秋、義祖母を家で介護することがいよいよ困難となり、入院した。

その頃からお義父さんは体調が悪そうで、みんなに病院に行くことをすすめられていた。

 

今年。

年末に病院に行き、見つかった腫瘍が悪性だということがわかった。お義父さんは年明けからすぐに入院した。お義母さんはほぼ毎日お見舞いに通っていた。

雨水の頃、義祖母が別の病院に転院した。

お義父さんは抗がん剤治療の為、入退院を繰り返していた。肺炎にもなった。

そして五月、 お義父さんが亡くなった。

この夏、義祖母が入院していた病院から「別の場所を探して欲しい」と言わた。

運良くすぐに別の施設に入れることになった。

今度はホームなので、要介護認定が二にならない限りは置いてもらえるとのことで安心している。

要介護二になるほど元気になれば、それはそれで良いのだけれど。

ちなみに今は要介護五で、今年に入ってから家族の前では一度も言葉を発していない。少し視線が動く程度で反応もほぼない。

施設の職員さんには、少しだけ頷く様な反応がある時があるらしい。

 

 

 

こちらに引っ越してからのことを思い出して書いてみたけど、何だか家族のことばかり。

自分はからっぽなんじゃないかと思うことが良くある。

もちろん日々の生活の中で楽しいことや幸せなことはあるけれど、それで良いんだろうか、何もかも中途半端でひとつも頑張れていない。

 

私にはやりたいことがあって、それが出来る会社に入って、色んなことをさせてもらった。

働くことは大変で、辛いこともあったけど、楽しくて一生懸命だった。

辛かった時に社長が「出来ないことに悩まずに、自由に仕事をして欲しい。あなたには笑顔が似合います」という内容のメールをくれたことがあった。

うまくいかないことに悩んで居た当時の私に、その言葉は効果覿面。

そう信じて任せてくれる人が居ることの喜びで、心がスッと軽くなった。

状況がかわらなくても、言葉一つで前向きになれる。

 

 

私は今、自分が目指していたところとは随分と遠くに来てしまったことを感じている。

自分はずっと仕事をしている人間だと思っていたので、三年間仕事をしていないというのはとても大きい。

悪いとは思っていないけど、今の生活に常に迷いがある。霧の中に居る様な。

この先ずっと霧の中で時間を過ごすわけにはいかない。

 

 

この歳になって改めて、どうしたら充実した日々を送れるのか、自分の命の使い方を考えている。

 

 

 

今年二回目の京都

 

十六日朝、初盆の法要でお寺に行った。

曹洞宗の法要はとても賑やかで、何種類かの鳴物を鳴らしまくる。

静かに始まり、段々と「盛〜り上がってキタぜーーーー!!!」って感じで激しくなるので、それを聞いていると、私はロック魂を感じてしまいます。

私たちの席の前には二歳くらいの男の子が座っていた。

その子がお坊さんたちの鳴らす鳴物のリズムに合わせて、椅子をテンポ良く蹴っていたのを見て笑ってしまった。

盛り上がってるとこもちゃんとテンポ良く「盛〜り上がってキタぜーーーー!!!」って感じでドカドカドカドカ!!と蹴りまくっていた。

私は不謹慎な人間なので笑ってしまう。

その後、蹴られない様に椅子をくっつけられてしまい、今度はその子のお母さんのポニーテールを何度も真剣白刃取りしていた。

真剣白刃取りをされているお母さんは、おもむろに指を耳に入れ、ほりほり・・・。

耳から抜かれたその指先に、大きめの耳垢が付いているのが見えてしまった。

そしてそれを、ピーーン!

飛ばしたーー!

予想外の展開に、声を殺してめちゃくちゃ笑ってしまった。

 

笑っちゃダメだと思うとどんどん可笑しく思えてしまう。

 

 

お義父さんが亡くなって、先日、百か日法要を済ませたところなんだけど、お義父さんもあっちへ行ったりこっちへ行ったり慌ただしかったんじゃないかな、と。

茄子の牛でのんびり帰ってゆっくりして欲しい。

 

 

その後は思い立っていのっちと都会へ。

 

f:id:dangomushin:20170816230431j:plain

 

KYOTO

 

ヨドバシへ行ってカメラを触ったりふらふら。

自分のSDカードを試してみたい機種に入れて撮っても良いですよ〜と店員さんの了解を得たのでその様に。

データを持ち帰らせてもらえるのめちゃくちゃありがたい・・・!

遥々田舎から出てきた甲斐がありました(号泣)

 

近日中にじっくり見ます。

 

そして五山の送り火、、、は、見ずに帰路へ。

府内でも、京の都は遠いのです。。。

 

 

 

途中、スーパーに寄り、半額品を手に入れて二十二時から飲み食い。

 

f:id:dangomushin:20170816230339j:plain

 

痩せている友達が「焼肉に行くとデブはウインナーばっかり頼む!!!」と言っていた。

 

 

スーパーのお惣菜は滅多に買わないので何だか嬉しくなってしまった。

自分以外の人が作ったご飯嬉しい。

 

イワシのお刺身も半額だった。

 

f:id:dangomushin:20170816230217j:plain

 

ありがとうありがとう。

 

お刺身はイワシと秋刀魚が大好き。

あと、甘鯛と金目鯛とアジとサバとブリと・・・

 

美味しいものって幸せ。

 

アンチョビ

 

<今日の晩御飯>

  • 宿儺(スクナ)かぼちゃの煮物
  • トマト
  • キャベツと豚肉の炒め物(塩胡椒に少しだけオイスターソース)
  • シシトウと伏見唐辛子のグリル
  • 早ゆでクルル

 

f:id:dangomushin:20170815211831j:plain

 

シシトウ、今年は良く雨が降るからか少ないけど、それでもやっぱりたまにめちゃくちゃ辛いやつがある。

今日は一個目で当たってしまい、全ての食べ物がずっとホットチリ味になった。

 

 

 

早ゆでクルルは、残ってたイカゲソとトマトソースと白ワインとアンチョビ塩で味付け。

f:id:dangomushin:20170815211752j:plain

 

絶対食べられない!!!ってわけではないので、味を忘れた頃に挑戦してみて「やっぱり苦手だ・・・」っていうのをしていた、実は苦手食材なアンチョビ。

今まではお店で提供されるまま食べてたけど、思い切って自分で買ってきて調理してみた。

 

結果

大丈夫だった・・・!

 

遠慮して一切れしか入れなかったのが良かったのか?

まだ残ってるので他にも挑戦してみようと思う。

 

近い内に絶対これ↓を作る。

www.balmuda.com

 

清水の舞台から飛び降りるつもりで購入して良かった!

って98円だったんですけど。

値段に関係なく、美味しく食べられないかもしれないものを購入するのには勇気が必要。

 

 

 

 

私は嫌いな食べ物が少ない方だ、と思っていたけど「食べる機会がそんなにないもの」が嫌いなだけで、良く考えると結構あることに気付いた。

その中の一つが、マンゴー。

色んな場所でマンゴー味を見かけるようになってから、一時的なブームで終わるのかな、と思っていたけど全くそんなことはなく、町中にマンゴーが溢れている。

日本人、マンゴーに踊らされすぎでは?

という、マンゴー嫌いな人の意見。

けど本当は私も好きになりたい。今家にマンゴープリンがいっぱいあるので家族と美味しいね!って言いながら食べあいたい。

 

 

 

 

 

ところで、私は「インターネットの誰か」の欲しいものリストを見るのが好きです。

この人はこんなものが欲しいのか〜フフフ、と画面を見ています。

あれってリストを見るだけでも面白いけど、コメントが楽しい。

というわけで私も自分のほしい物リストを整理し直してブログに貼り付けておくことにしてみました。

自分の欲しいものリスト見てあぁ〜良いなぁ〜欲しいなぁ〜〜って言って(手に入れてもないのに)楽しんでる私って幸せ者なような気がする。

 

 

amzn.asia

 

自分が楽しいだけで他の人が見ても、全然面白いものはないかもしれないけど。

もしも私にプレゼントをしたいという奇特な方がいらっしゃいましたら是非カメラとかなるべく高額なものをよろしくお願いします。(土下寝)

 

 

 

 

Copyright © 2015-2017 Okadango All Rights Reserved.