日本のカレーを食べたい気持ちが強すぎて作りすぎてしまった

 

タイトルままです。

 

 

大食いの人がカレーを食べているのを見て、日本のカレーを食べたくなって、久しぶりに作ったら作りすぎました。

 

 

1日目は、どうしよう、と思いつつお肉と人参がゴロゴロ入ったカレーを食べ。

 

 

楽しみな気持ちを盛り上げて、たくさん作ってしまいどうしようと思ってる気持ちをチャラにしようとしてる感もしなくはないつぶやき。

 

最近はフライをする時はパンを焼いてパン粉を作っている。

 

f:id:dangomushin:20170308195616j:plain

 

自分で作ったパンで作ったパン粉のが、買ったパン粉よりも美味しく上がる気がしている。

 

フライカレー。

 

f:id:dangomushin:20170308182627j:plain

 

とんかつだけスーパーのお惣菜コーナーで購入。(カツ用のいい感じの肉が売ってなかった)

出来合いのものは、楽で良い、と、本当に思う。

そして牡蠣は最近、良く行くスーパーで週1くらいで一袋198円の売り出しをして実にありがたい。

サクサクのカキフライって美味しいよねぇ。

 

 

 

まだあるので、その翌日はこれね。

 

f:id:dangomushin:20170308182639j:plain

 

コロッケは衣付ける時に形が崩れるので、作るの苦手なんだけど、形成して一旦凍らせたら良いんじゃないかと思い、そうしてみた。

 

 

めちゃくちゃ楽だった。

 

 

けど、卵をつけた後パン粉の上で少し放置するだけで、空気と接してる面の卵が凍ってしまいパン粉がくっついてくれないという現象が起こるので、卵をつけた後は素早くパン粉を纏わせましょう。

 

 

揚がりっ。

f:id:dangomushin:20170308182702j:plain

 

じゃがいもをなめらかに潰し過ぎてしまったので次はもっと雑に潰したい。覚えていたら。

 

 

あぁコロッケは美味しいなぁ。

コロ助の気持ちがよくわかる。

 

 

おまけ。

買ってきたとんかつの半分はカツとじ丼にしたのだった。

f:id:dangomushin:20170308195441j:plain

 

いよいよ親子鍋が欲しい・・・・。

 

 

 

一人暮らしへの憧れ

 

私は一人暮らしをしたことがない。

ふとした時に、一人暮らししてみたいなぁ〜、と思う。

どんな時かと言うと、シンクの引き出しのぐちゃぐちゃ加減を見た時、使われない物が食器棚の一等地を占領してるのを見た時、床に綿ぼこりが溜まってることに気がついた時、いのっちと喧嘩した時・・・・・・・・・・。

 

ふとした時?

 

ふとした時というかこれは、現実逃避したい時か。

こんな風に逃げることばかり考えてみたり。

一人暮らしだったら・・・っていう妄想でその場をやり過ごしていられるうちは良しとしている。

本当は、家にある色んな引き出しの中も整理したいけど、殆どが私がこの家に来る前からの状態で、それをいきなり来た私がどうにかしても良いものか、とか、お義母さんに言ったら、きっと、どうにかして良いって言うかもしれないけど、お義母さんの申し訳なさそうな顔とか、先に想像してしまって、引き出しを開ける度に、きたないな・・・機能的じゃねぇですな、と思いつつも何とも言えない私がいます。

現実を変えることが出来るのは行動出来る人だけです。

ということで、私は行動せずに、今は、何となく、じっとしていてみようと思います。

後悔することがあるかもしれないけど、動きたくないので動きません。

 

いのっちは以前、オーブンレンジの置いてある棚の中(扉付き)をきれいに整理したのですが、お義母さんの手により、色んなものが容量オーバー気味(っつーか溢れんばかりに)に詰め込まれているのを見た時、怒り狂って、棚の扉にケリを入れていました。

わかる、その気持ち、めっっっっっっっちゃわかる。

ケリ、入れたくなるよね!わかるよおおおおお〜〜〜〜〜!

私はケリは入れないけど、でっかいため息をついてしまう。

と、いうように、整理したら整理した分だけ、また新たに何かを詰め込まれたりして、頑張って綺麗にしても賽の河原現象になったりすると、更にイラつきが加速するので、動かないというのもあります。

 

ちなみに、一人暮らしの妄想の中の私は、宝くじが当たってたんまりお金を持っているという設定です。

たんまりお金は持っていても、雑な使い方はしない、という謎の信念を掲げて妄想しています。

 

 

必要なものを必要なだけ、好きなことを好きなだけ

 

 

一人暮らしか・・・・・。

 

 

あぁ、憧れが募る、、、、、、

一人暮らしすることになったら、まず、壁一面を本棚にします。

そんなに頻繁に読まないけど手放せない大事な本を、本棚に綺麗に並べます。

 

 

 

と、いつも一人暮らしいいな、って考え出すけど、最後、1日が終わる時、お布団に入る頃の事を考え始めると急に、あぁ、一人暮らしやっぱ無理!!!!!!!!ってなります。

 

おばけと泥棒が怖い。

 

 

もし、家の外を誰かが歩く音とか聞こえてきたらどーすりゃ良いの?怖すぎる。

バットか・・・何か武器・・・槍とか抱えて、毎日武士みたいに寝るしかない。

 

 

 

そういうわけで、やっぱ一人暮らしは無理なので、いのっちとケンカしてもすぐ仲直りして死ぬ時まで一緒に居たいと思いました。

 

 

 

 

台所の機能性の低さについては、よその家にお邪魔してご飯作ってる気持ちで毎日やり過ごしています。

この棚の中、、、もうちょっと使わないものをどうにかできんのかね・・・・と、思いながら。

 

賽の河原されるよりは、ストレス少ないと思う。

 

 

 

 

 

 

それと、世界をぐちゃぐちゃにしてやりたいと思うこともたまにはある。

 

f:id:dangomushin:20170222011424j:plain

 

重機の運転が出来ないことをありがたく思うんだな!(全世界へ)

 

 

今日はダークナイトを観たけど、世界がぐちゃぐちゃにされていた。

それで、私は世界をぐちゃぐちゃに出来るようなタイプではないと改めて思った。 

 

 

 

 

豚のポテンシャル

 

低温豚は本当に美味しい。本当に美味しい。本当〜〜〜〜〜〜〜〜に、美味しい。

 

f:id:dangomushin:20170221215959j:plain

 

 

肩ロースと肩。

明らかに違いはありますが、どっちも美味しくて、もう、どっちでも良いよ!!!!!

って感じです。

 

これは、ぶち猫さん(id:buchineko-okawari)の記事のレシピを我が家でやっつけたもの。

 

buchineko-okawari.hatenablog.com

 

ぶち猫さんのブログは読んでるだけでも幸せだけど、実践したらもっと幸せ。

 

55度で12〜24時間すると、豚肉のポテンシャルが引き出されまくるということを知りました。

 

 

やわらかジューシーとは、このことか・・・・・!!!!!!!!!

と、いう感じ。

名刺代わりにこの肉一枚ずつ配って回りたい。

 

ということで、私は今、55度に夢中です。

食中毒で死ぬのは出来れば避けたい(が、致し方ない時は・・・どーしよう)ので、55度にする前はきちんとギリギリラインを狙って(毎回、この時、何度にしよう!って迷うんだけど、チキンなので大体65度で1〜2時間)加熱します。

 

 

そして、この度思い立って、チャーシューも55度加熱で作ってみました。

 

f:id:dangomushin:20170221221807j:plain

 

 

んんんんんまああああああああ!*1

 

 

今日はどうしてもラーメン屋の定食みたいなのを食べたくて、唐揚げ、チャーハン、ラーメンにしました。

 

f:id:dangomushin:20170221221752j:plain

 

輝くチャーシュー。

 

麺は一玉17円で買ったやつ。

私もラーメン打ちたい(強力粉がたくさんあって困ってる)けど、かん水なんてどこに売ってんだよって思ってたましたが、重曹で作れるのかなるほど(今調べた)。

しかしこの安いニャラニャラの麺も嫌いじゃない。

 

今までもぶち猫さんのレシピでチャーシューを作らせてもらってて、それもまじでうまいなこれ!でしたが、55度加熱のチャーシューも、何だよこれうまいな!でした。

添加物加えてませんか?って感じの柔らかさ。つーかチャーシューなのか?これは、何か別の食べ物?と思ってしまう。

 

私はどっちも好きで、食べたいと思った時に食べたい方を食べたい、という感じ。

食べたいしか言ってねぇ。

 

 

低温豚を食べる時に注意すること。

冬、食べ物がすぐに冷たくなってしまいます。

猫舌の私にはありがたいけど、低温豚は脂が冷えて固まるとうまさ激減な気がするので食べる直前に湯煎で温め直しています。

そしてそれを同じく湯煎で温めておいた皿に盛れば◎

 

あと、まだヒレ肉で低温してないので、それ食べるのが今年の目標です。 

 

 

 

 あ、今気付いたけど、チャーシュー作る時に必ず一緒に作る半熟味玉を作り忘れた・・・・・無念・・・・・!!!!!!!!!

 

次回は忘れないこと。 

 

 

*1:すごく美味しいです

Copyright © 2015-2017 Okadango All Rights Reserved.