今日の格闘

 

今日はイモムシの話です。画像はないけど苦手な方はUターンプリーズ。

 

  

そんな感じで始まった今日。

出勤前のお義母さんにも会えたんだけど、お義母さんにいってらっしゃいしてから、台所のテーブルの上にこんな書き置きがあることに気付いた。

 

f:id:dangomushin:20170809205127j:plain

 

駆除依頼。

 

「虫」はイモムシの略。イモムシって書くのもきっと嫌だったんだと思う。

お義母さんは殆どの虫は平気なのですが、イモムシがダメなのです。

私は割とイモムシは平気なので、今日はどんなイモムシちゃんかな〜、とイモムシハンドブック片手に里芋を見に行ったら、大きいもので私の薬指くらいの大きさから小さいものまで合わせて六匹のセスジスズメガの幼虫が。

 

さすがに、イモムシオッケーな私でも「これはチョット・・・!」ってなりました。

ブラックバティに黄色と赤の、目玉を思わせる斑点模様。

お尻の方には、ピン!とアンテナの様なものが立っている。

君たちは何故そんなにアバンギャルドなんだい?

 

数日前まで雨粒を弾く力強い葉をつけていた里芋でしたが、元気だったのが信じられない程食べ尽くされていました。

 

 

トングでイモムシ摘んでそれを空き瓶に入れ、、、皆さんイモムシをどうしてるんでしょう?

おばあちゃんとかは平気で潰してたけど、あまりにも大きいしアバンギャルド過ぎてギョエー、とは思いつつ、どうしたら良いかわからずに瓶に入れたイモムシ(封はしていない)を長い間眺めてしまった。

具体的には一時間くらい。

基本的に生き物は好きなので、観察するのはとても楽しくてこのまま飼おうかな、とも思ったけど、それはそれでまた違う気がして(いっつも違う気がしている。考え過ぎ)あとは、色んな生物の死の上に自分は生きているんだな、とか、絶滅ってどうなのかな、とか、命のこととか考えました。

保護する生物と、そうでない生物の線引きとか。

保護するとかしないとか何で人間が決めるんだろう、とか。

(良いとか悪いとかではなくて。私だって人間以外の生物と暮らしたい)

私にはわからないという結論で終わったのだけど(いつも通り)たぶんこれからもわからないままだと思う。

 

 その後、イモムシは駆除しましたが、変に長い間眺めてしまったので感情移入してしまい、微妙な気持ちです。

魚を捌くのは平気なのに、あれか、私の中でイモムシは食べ物認定されてないからいけないのか?

イモムシを食べて慣れる・・・・?

そういう文化もあるよね・・・・しかし・・・・!

 

 

と、着地点がわけわからなくなってきたので今日はこの辺で。

 

 

イモムシハンドブックはこれ。

イモムシハンドブック

イモムシハンドブック

 

 

私は1しか持ってないけど、3まで出ている。

 

 

イモムシハンドブック 2

イモムシハンドブック 2

 

 

 

イモムシハンドブック 3

イモムシハンドブック 3

 

 

欲しさ。

 

 

 

 

 

夏の深夜の格闘

 

今日は祖母の入居している病院から、別の施設へのお引越しをした。

朝から病院に向かったのだけど眠くて眠くて。

と、いうのも昨夜午前三時近くまで格闘していた為。

寝ようと電気を消して、うとうとしていたら「カサッ」「コツン!」「トフッ!」と窓の方から音がした。

はじめは、台風も来ているしその音かな・・・と思っていたのだけど、窓や雨戸にぶつかる音でなく、室内の障子にぶつかっている音の様な?

同じ様に耳を澄ませていたいのっちと同じタイミングで「何の音????」と言い合って灯をつけた。

 

蛾。

 

五百円硬貨大の蛾が一生懸命に障子に突進していた。

私は蛾は平気なので*1そのまま寝たかったのだけど、いのっちが「蛾と一緒に寝るなんて絶対嫌だ」というので、どうにかすることに。

急いで冷凍ビーム(瞬間凍殺ジェット)*2を取って来たけど、時すでに遅し。

蛾は照明のカサの向こうに隠れてしまっていた。

少し待っているとハタハタハタと出てきたのですかさず凍殺!!!!

・・・したつもりが、風圧でふわっと飛んで、見失ってしまった。

またカサの中に入ったらしい。

再び灯を消して、少ししたら灯を点けて、、、蛾は出来て来たりまた隠れたり。

そんなことを数回繰り返し、またさ、電気消したら出てくるんじゃない?そう言いながら電気を消して布団に入って数分。ちょうどうとうとし始めた時。

 

右の耳元で蛾の羽音が・・・・!

 

蛾は平気な私だけど、さすがに自分に突進されるのは辛い。

ひゃぁっ!と、飛び起きてまた凍殺!!!

したけど、どうも風圧が強くてうまくいかず。

しかし、寝ようとした時の虫の襲来ってむちゃくちゃツライですよね。

 

 

結局、蛾は再び電灯のカサの中に入り、その中で動かなくなった(影が見えた)けど、やっぱり蛾と同じ部屋で寝るのは勘弁といういのっちのご意見を尊重*3して、隣の仏間に布団を移して寝た。

 

未だ蛾は電灯の中に居るので、明日外して掃除しようと思う。

と、今見たら蛾の影が消えていた・・・どこに行ったんだYO!

蛾VSスプレーは、蛾の勝利だった。*4

スプレーでの格闘は大変だったので、虫取り網をひとつ用意しておきたいな、と思った。そしたら捕まえて外に出せば良いだけだし。

 

この家に引っ越して来てから、色んな生き物と家の中で戦っている気がする。

気がするというか戦っている。

 

 

 

 

それとついさっきのこと。

仏間に洗濯物を持って行き灯を点けたら居た。

 

f:id:dangomushin:20170808214518j:plain

 

 

ヤモリの、赤ちゃん!

写真は撮らずに、二人きりの時間を楽しんだ*5ので、思い出して絵に描いてみた。

もう、めちゃくちゃ可愛くて一緒に暮らしたかったけど、家の中で放し飼いはフンとかが気になるしそんなに食べ物もなさそうだし踏んづけてしまいそうだし、かと言って飼育箱に入れるのも何だか違う様な気がして、結局玄関の、羽虫が良く集まりたまにヤモリが居る場所に放した。

 

最近、外に出ると毎日、今日のヤモリと同じくらい小さいニホントカゲの赤ちゃんを見かける。

これまたすごく可愛くて、いつか仲良くなれたら良いのになぁ。

 

 

 

*1:モスラっぽいでかいのは絶対嫌だけど

*2:去年ムカデが家の中に頻出した時にお義父さんが五本買って来てくれた

*3:モスラは好きなクセに・・・

*4:ムカデと対峙する時には凍殺スプレーはとっても有効

*5:手に乗っけて見てただけだけど、ヤモリにとっては恐怖でしかなかったでしょう

ゴーヤそうめん

 

<今日のお昼ごはん>

 

f:id:dangomushin:20170807211100j:plain

 

今年は各所からそうめんが送られてきており、もうそうめんを置く場所がない我が家。*1

 

いのっちもお義母さんもそんなにそうめんを食べないのにどうしろと・・・・?

私もそんなに食べたい方ではないけど、あるものは食べなければ。

 

今日は一分ほど茹でて、具と一緒に炒めた。

というか、水分多めに炒めた具と合わせた。

味付けは簡単に、白だし、オイスターソース、塩胡椒。

具はドライトマト、卵、合挽き肉、ゴーヤ。

 

油をごま油にしてみても良さそうだし、これに酢をかけて食べても良さそうだと感じました。(やってはいない)

ドライトマトはめちゃくちゃ味が濃くて、噛むと口いっぱいにそれの味になる。

早く別の料理にも使ってみたい。

 

 

ゴーヤ、そのまま料理に使ったらどうかなぁと思いながら、苦すぎると嫌だなぁと思って、毎回砂糖と塩で揉んでおいたものをさっと湯がいて下処理をしてしまう。

面倒だという気持ちと、苦かったら嫌だという気持ちの狭間でいつも揺れ動いている。

面倒だと思わない人か、苦くても(家族が苦いと言っても)構わない人、どちらかになれたら楽なのに。

 

 

 

 

 

それと今日はラデッシュの種採りをした。

 

f:id:dangomushin:20170807212714j:plain

 

居間でちまちましていたら、いのっちに「家の中にこういうことしてる人が居ると、じじばば力が高くて良いわぁ〜」と言われた。

 

おかだんごには女子力よりも和みの老人力が必要とされている。

 

 

 

*1:言い過ぎ

Copyright © 2015-2017 Okadango All Rights Reserved.